普段の過ごし方などを話す、聞く

日常生活を話題に

普段どのようなことをしているのかといった内容は、比較的話がしやすい話題なので、話のネタに困ることはありません。
お互いに盛り上がれるテーマと言えるのではないでしょうか。
ただし、キャバクラ嬢に質問を投げかける場合、プライベートを詮索しすぎないように気をつけましょう。

女の子としては、やはりある程度の警戒心はあります。
例えば、良く行くお店を答えようものなら、プライベートで遊んでいる場所や最悪自宅周辺を特定されかねません。
警戒させないためにもプライバシーに関連しないような日常的な話題をすると良いでしょう。

バランスよくお互いの話をする

偏り過ぎないように主導権を譲り合う

最近見た映画や休日に何をしているのかなどといった、当たり障りのない程度に質問してみるとキャバクラ嬢も応えやすいです。
また、自分の普段の過ごし方を話してみるのも良いでしょう。
ただし、ついしゃべることに夢中になってしまい、自分の話ばかりをしている状況になってしまわないように注意して下さい。

キャバクラ嬢は仕事とはいえ、あまりに自分が聞き役ばかりになっていると次第に集中力が下がり、会話を楽しもうとする意識が弱くなってしまいます。
そうなると、いくら盛り上がりそうな話題を振ったところでちっとも盛り上がりません。

「会話のキャッチボール」という言葉もあるように、バランスよく主導権を譲り合いながらの会話が良いでしょう。